体調を崩した時に役立つ薬を常備することの大切さ

常備しておいたほうが良い薬

海外旅行をする場合、一応持っておいたほうが良いものが薬です。風邪薬や胃腸薬など、なにかあった時のために常備しておくことはとても大切なことです。もし、海外旅行をして体調を崩しても、行った先の薬局で薬を購入すれば良いのではないかという人もいます。しかし海外の薬は日本の薬よりも効果が強いものが多く、日本人の体質では逆効果となることもあるため注意が必要です。

薬の量は気を付けること

もちろん、だからといって海外の薬を服用してはならないということではありません。薬を持っていないときに体調を崩してしまえば、症状を抑えるための薬が必要になることもあります。その場合は、薬をそのまま服用するのではなく、二分の1ほどの量を服用すると良いといいます。海外の薬の効果から考えると、日本人の体質では2分の1の量で充分に効果を出すことができるといいます。しかし場所によっては病院からいただいた処方箋がなければ、薬を買うことができない薬局もあるため、購入の際は気を付けなければなりません。

いつでも常備していくことの大切さ

海外へ行けば水の質も食材の衛生面も変わってくることがあるため、胃を悪くさせてしまうこともありますし、下痢を引き起こすこともあります。また環境の変化になじめずに、風邪のような症状を引き起こすこともあります。また、海外にいる蚊にさされて、40度近くの熱を出す人もいます。そのような時でもしっかり対応できるように、旅行の際にはある程度の量の薬を常備させておくことはとても大切なことです。

アドドドヴェンチャーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です