海外は日本と違う!海外旅行で注意すべきこと

窃盗の被害に遭うことも珍しくない

日本国内で外出しても、これといってトラブルが起きることはありませんよね。問題があったとしても忘れ物をするなど、自分が原因のことがほとんどでしょう。ですが海外は、日本のように安全に外出できる環境とは限りません。もちろん旅行先の国や地域によって安全の場合もありますが、治安が良くない国や地域になるとちょっと外出するだけのつもりが、気づいたときにはカバンや財布を盗まれてしまったというトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いです。日本と違って被害件数も多いので、現地の警察に相談しても盗まれたものが返ってくることはほとんどありません。ですから、日本のような感覚で私物を持ち歩いていると被害に遭う危険が高まってしまいます。まずは貴重品を持ち歩く際、死角に持ち物を置かないなどいつでも出来る対策をしておくことが大切です。

金銭感覚の違いを理解しよう

例えば日本では自動販売機で水やお茶などが売っていますが、安いものなら約100円で売られていますよね。非常に安いので、ちょっと歩き疲れたときなど気軽に買えるものです。もちろん海外でも同じような自動販売機は多々ありますが、ほとんどの自動販売機では日本のように100円で売っていません。おおよそ200円ほどのものが多く、高いと500円など日本とは違った値段で売られていることがほとんどです。自動販売機だけではなく、日本では安く売られている醤油などの調味料や日用品も旅行先では高く売られていることは珍しくないので、何か買う予定が事前にある方は価格を先に調べておいたり、多めにお金を持っていくと良いでしょう。

アドドドヴェンチャーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です